防災とはどういうものか

防災とは地震、台風、火事等が発生した時に人間、建物、周辺のインフラ等に与えるダメージを最小限に抑える事です。
防災は日頃から行っていなければ意味がないです。災害が発生した時に社会や住民をまもるために必要なことです。
防災の具体的な内容は地域、家庭によって異なります。
しかし、避難訓練や非常食の確認、避難所の安全確認にはどの災害にも有効であるので防災活動を行う時は積極的に行う方が良いです。
防災は自宅の耐震補強や緊急連絡網の整備等自分や地域の人間で取り組める事もありますが、公共施設の耐震化や道路整備等は個人では行えないです。
大切なのは個人、行政、地域社会のすべてをうまく組み合わせてそれを行う事です。どれが欠けてもいけないです。
これは多くの人々の生命を守るためだけではなく、大規模な災害が発生した後すぐに多くの人々が今まで同じように日常生活を住み慣れた地域で営めるようにするためにも行います。
これをより良いものにするためには食料をそろえたり、施設を整備するだけではなく、地域のつながり、人間のつながりを構築しておく事です。
多くの人々が前向きに取り組めばそれはうまくいき、地域の人々の生命や地域の資源は守られます。

防災グッズの必要性と揃え方

災害や震災がある度、防災対策をしようと思ってもなかなかできないものです。
思うだけではなく、実際に行うためには、事前に必要なものをイメージした上で行動に移すことが大切です。
食料、水、ラジオ、携帯トイレ、ライト、サランラップ、紙コップや食器、寝袋、モバイルバッテリー、水を入れる容器、などほんの一例ですがさまざまな防災グッスがあります。
それぞれ人によっても必要なものは違ってきますので、用途に応じて選択しましょう。
そして、揃えていく過程でバラバラの場所に置いておくのではなく、リュックサックに入れるなどしてすぐに取り出せる場所に保管しておくことが大切です。
もし個別に揃えていくのが大変な場合には、最初からセットになっている防災セットを選ぶのもよいでしょう。
ホームセンターや通販でリュックサックの中に入れられたものが販売されていますから、予算に応じて選んでてみてはいかがでしょうか。
そして、必要なものは個別に買い足していくことで安心を揃えることができます。
人数によって食料や水の必要量は変化しますので、持ち出し方法も含めて予め家族と話し合っておくことも重要です。
理想的なのはみんながそれぞれの防災グッズを揃えて、持ち出すことができれば、もしはぐれてしまった場合でも安心でしょう。

Favorite

外壁塗装 武蔵野市
http://www.kantoreform.com/
プラチナ 買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e9%87%91-%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e8%b2%b7%e5%8f%96%e3%82%8a/platinum
宝石 買取 川崎
http://hoseki-kaitori.jp/
印鑑 通販
http://www.e-insho.com/
携帯 買取 大阪
http://www.top1mobile.com/
原付を廃車にするなら
http://www.bike-poi.com/
ネックストラップ 作成
http://www.neck-strap.jp/
ステカ シート
http://hmfilm.shop-pro.jp/

2016/6/9 更新